CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
          
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサードリンク
                     
MOBILE
          
qrcode
                     
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
神さま・・・?
0
    蜂と神様 金子みすゞ

    蜂はお花のなかに、
    お花はお庭のなかに、
    お庭は土塀のなかに、
    土塀は町のなかに、
    町は日本のなかに、
    日本は世界のなかに、
    世界は神さまのなかに。

    さうして、さうして、神さまは、
    小ちやな蜂のなかに。


    iPhoneImage.png


    「神さま」という言葉、どのように捉えますか?


    「神さま」という言葉に、あやしさ・うさんくささを結びつける人も多くいるように感じています。
    日本において、特に。


    「私は神さまとか、信じていないから」
    なんて、言ったこと、聞いたこと、ありませんか?


    信じる / 信じない
    というようなものなのでしょうか。


    -----


    「神さま」に対して、人の形を当てはめて考えてしまいがちですし、自ら「神さま」を名乗っている人間も、います。


    けれど、本当に「神さま」って”そういうもの”のことを指すのかな?


    「信じていれば神さまは救ってくれる」ということばの意味を、ストレートに捉えていては、もうひとつ先には進めません。この言葉は、ある意味では本当。しかし、違うとらえ方をすればただのまやかしでしかない。



    例えば、映画を見た後に
    「あのシーン、どういう意味だったんだろう?」
    と考えたことが、あるでしょう。



    ジブリ作品を見て、
    「宮崎監督、この映画を通して、何を伝えたかったのだろう?」
    誰しも考えたことがあるはずなのです。



    「神さま」という言葉を当てはめなければ表現することのできない事象がある。
    それがなければ私たちがココに存在することはないし、
    そもそも宇宙空間すらない(認識できない)のです。


    昔々から人間は、そこに思いを馳せ、考え、感謝の念を持ち、
    それを「神さま」と表した。
    そのように考えることはできないでしょうか。


    iPhoneImage.png


    自分が生きている意味について、
    この世界が成り立っている意味について、
    深く考えたとき。
    必ずぶちあたる???が、あるはずです。


    金子みすゞさんのこの詩は、
    そのことを、とても簡単な言葉で伝えてくれている。
    私の考える「神さま」は、この詩が代弁してくれています。
    | つぶやき | 09:19 | comments(0) | - |
    哲学ってギフトだなぁ
    0
      今日はお誘いをいただき、氣学の講座を受けてきました。
      聖徳太子のお父さんの時代に、仏教とともに日本に入ってきて、広がったそうな。
      あ、中国からね。


      占いではなく
      学問であるため
      哲学をもっています


      哲学って?


      という話は、深く長くなり
      人によって解釈が違いますが、
      ここでは、googleさんの答え
      「人生・世界、事物の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問。また、経験からつくりあげた人生観。」
      というのを、採用しておきます。


      私は、この答えが好きです。


      ヨガにしても
      氣学にしても
      西洋占星術にしても
      (他にもいろいろ)

      昔むかし、そのまた昔から、
      人間て"より佳く生きる"為の方法を探し続けていたんだなーって思う。

      で、
      すっごくたくさん
      時間があった(笑)


      気の遠くなるような時間をつかって、
      それらを体系立ててくれたんですね。

      これは、遠い遠いご先祖さまからの、ギフトです。


      忙しい時代に生きる私たちは、
      この残されたものをヒントに人生を切り開くことができるのですから、
      ありがたいです。


      哲学というものは
      勇気をくれるもの
      いつも、そう感じます。


      同時に
      言い訳する余地を与えず
      厳しい目を向けられているようにも
      感じます。


      つまり


      自分そのものを生きよ!


      と、言ってくれてる気がするのです。


      哲学 = ムツカシイ
      という先入観を捨てて、
      ご先祖さまたちからのギフトを
      受け取ってみませんか?

      iPhoneImage.png



      5月に京都よりマーク・シュヴェイマ先生をお呼びして講座をします!
      5/18〜5/20までの3日間、空けておいてくださいね。

      嬉しいことに、秘密基地さんの協力をいただけることになり、
      基本の座学を開催させてもらえることに。

      普段ヨガと関わりのない方にも、お気軽にご参加いただける環境をご用意しましたので、お楽しみに♡
      | ヨガ以外のおべんきょう | 20:24 | comments(0) | - |
      気がつく意識ってどゆいみ?
      0

        「自分のことが好き」

        という言葉や感覚に抵抗を持つ人、
        意味が全くわからない人、
        どのくらいいるんだろ。
        いいと思う。

        それは、もともともってない人が得ようとするとき、多分、ちょっとムツカシイ。


        じゃあ、
        「自分のことを大切にする」
        という宣言はできそう?


        自分にとって大切な人に、してあげたいなーってことを、自分にする。
        それだけ。
        ちょっとハードル低くなったでしょ。


        大切な人に、快適に過ごしてもらうために重要なことは、
        その人がどんなことを望むのかをキャッチするところからはじまる。


        どうしてほしいんだろう
        何が好きなんだろう
        何を喜ぶんだろう
        逆に、嫌なことはなに?



        「人のことは考えられるし、人のためなら頑張れるんだけどなぁー」
        っていう人もいるかもね。



        今までしてこなかったことだから、ちょっとムツカシイかな。


        でも、もうやってるんだから。
        方向を変えるだけ。

        慣れるまで、練習が必要なだけ。
        その力は、持っているよ。


        「そんなこと言ったって、どうやって練習するんだよー!!」
        って思ったでしょ。


        じゃあ、よく聞いてね。

        「その練習になるのが、身体を使ったヨガの練習ですよ!」
        どう?
        意味わかるかな??


        身体を使ったヨガで、「自分の感覚に気がつく意識をむける」練習をする。


        簡単にいえば、
        自分の体が、なんて言ってるか、聞く。


        もちろんこれも、最初はムツカシイと思うかも。
        でも、練習だから。
        繰り返してたら、いつかわかる。
        いつかできる。


        体の声が聞けるようになってきたら、心の声も届くようになるよ、絶対。



        だから、練習を続けてみてほしい。


        そして、聞こえてきた小さな声を聞いて、
        ちょっとずつ自分のために、
        自分が欲していることを叶えてあげてみて。


        その繰り返しをしていると、自分で自分を大切にするっていうことがわかるよ。


        それがわかれば、その先は簡単。


        気づくだけだから。


        「あなたが大切にしたい人、それはあなたが好きな人なんじゃないですか?」


        iPhoneImage.png



        私の人生が変わったきっかけは
        間違いなく
        ヨガの勉強をはじめたこと

        他人から見て変わったのではなく
        私が世界を見る目が変わった

        ただそれだけなんだけど
        それはとても大きなこと。

        ヨガの勉強を通じて
        「気がつく意識」を
        働かせることが常になってから。

        その変化は目まぐるしく
        多分、進化という言葉に置き換えていいほど力強く
        私が私の人生を歩むことを支えました。


        「気がつく意識をはたらかせる」
        ってなに?と、思いましたか??

        「気づきを得る」とか
        「意識する」とか

        そのように曖昧に使われる言葉を、
        もうちょっと具体的にしたもの。

        もっと知りたい方、
        5月18日のマーク先生のワークショップに来てください。
        場所は小倉駅近くで、19:00からを予定。
        あけておいてね。
        詳細は今月中頃に発表する予定です。

        | yoga | 12:14 | comments(0) | - |
        << | 2/84PAGES | >>