CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
          
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサードリンク
                     
MOBILE
          
qrcode
                     
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
”体も感覚も人それぞれ”をつなぐ解剖学
0

    ヨガって気持ちよいの??
    私がはじめてヨガを経験したときの感想は
    「関節が痛いなぁ」
    でした。


    のびて気持ちいいー!
    でもなければ、
    呼吸が難しい・・・
    でもなく、
    私って体硬いんだなぁ
    でも、ありませんでした。


    とにかく、いろんな関節が痛かったのです。


    キャットアンドカウは、手首が痛かった。
    早く終われーー!と思うほど、
    手首にかかる体重が辛くて、
    背骨?呼吸??いえいえ、手首が痛いばっかりという印象。


    ダウンドッグでは、ヒジと肩に全体重が乗るような感じで痛みがあり、
    どこにも「伸びてきもちいいー!」という感覚は見つけられませんでした。


    トリコナーサナ(さんかくのポーズ)では、ヒザが軋むように痛い。
    「足でもっと強く床を踏んで!」と言われ、がんばるほど、
    ヒザがヒザ裏側に押し込まれて、そこにしか意識が向かないのです。
    「脇腹が伸びて気持ちいいよねー」というみんなの感想には、全く同意できませんでした。


    あと、ランジ。
    後の脚のヒザを床につくと、ヒザが痛い。
    タオルを敷いてもいいよって言われるけど、しっくりこなくて、違和感で。


    ラクダのポーズは、ヒザも痛いし、腰も痛いし、ヒジも痛かった。
    「腰そらさないでねー」って言われても、
    「だって、そっちに勝手に体が動いちゃうんだもん!」といった有様で、
    腰を反らせないようにする方法が全くわからなくて。
    それなのに、「できそうだったら、踵をつかんでね」という指導に、乗っちゃうんですね。
    そして、腕を伸ばしきって使って、肘に体重が乗って、また痛いという。


    とにかく典型的な「関節ユル人間」*写真参照*



    これは、先生に見てもらいながら
    「あなたがいちばん伸びてるなーと思ってるダウンドッグをやってみて」
    と言われた時のもの。

    肘も肩も、見ててコワイーー!完全なる過伸展(のばしすぎ)です。
    こんな、わたしにとって、ヨガって、痛いものでした。


    そして、悲しいかな勘違い。
    「体が変わるときは、痛みがあるものだ」
    「運動というのは、痛さや苦しさを伴うものだ」
    という思い込み。

    先生は「ムリしないでね」「他と比べないでね」と言ってくれるのだけれど、
    ずーーっと運動部に所属し、体を動かすことを続けて来た私にとっては、
    「このくらいの痛さ、普通。ケガじゃないし。」
    「がんばらなくちゃ、やる意味ないし。」
    という感じだったと思います。


    なので、私にとってヨガは
    伸びて気持ちが良い
    ではなく
    関節が痛いもの
    でも、きっと、体に良いはずのもの
    でした。





    正しい方法で体を使っていなければ
    「体を動かすヨガによって得られるもの」は、永遠に手に入りません。


    ですが、
    「でもがんばってるよ?」
    「でもつづけてるよ?」
    という気持ちが、それらを見えなくすることがあります。


    「正しい方法で」
    練習をするのには、知識が必要です。



    「先生が言ったとおりにやってる」
    は、一見正しいようですが、
    そこに自分のフィルターがかかっていることを忘れがち。


    さっきの私の写真、見てください。もう一度。



    これが、わたしにとっての「正しいダウンドッグ」「伸びてる気がするダウンドッグ」
    なんです。
    これ、この時の私にとって「正しい」です。

    写真を見て「何がダメなの?」って思う方もいるでしょうね。
    何がダメか、この時の体感を思い出しながら、今の私の目線で解説すると
    ・関節に大きな負荷がかかって、痛みがある
    ・全身がまとまるような力強さがない
    ・脚の裏側のストレッチが全くない
    ざっくりあげると、こんな感じでしょうか。


    「正しい」って、実は曖昧な言葉なんですね。
    そこをサポートするのが、解剖学だと思ってます。
    というか、解剖学を使った自分の体の理解ですね。

    「先生に何度もおなじことを注意される」
    「生徒さんが、何度言っても分かってくれない」
    こんなとき、解剖学が助けてくれるはず。


    この二日間のワークショップで、それを体験してみてください。
    https://serizawakoujiws.jimdofree.com


    | yoga | 10:43 | comments(0) | - |
    自分の取扱説明書を創ろう!-体感する解剖学-
    0
      自分の取扱説明書を創ろう!-体感する解剖学-

      ヨガ × 解剖学
      できなかったんじゃない、しらなかっただけ!を体感する2日間のワークショップです。




      基盤にあるのはヨガの考え方。
      マーク・シュヴェイマを師とする、芹沢宏治氏による、
      ポーズだけに、仕組みだけ、知識だけに偏らない講座です。


      ↓↓↓ 特設ホームページ ↓↓↓

      自分の取扱説明書を創ろう!-体感する解剖学-
      https://serizawakoujiws.jimdofree.com




      【 日時 】2018年11月3日(土)・4日(日)
      【 会場 】福岡県北九州市小倉北区 山田緑地内 森の家・映像室

      【 講師 】
      芹澤 宏治(せりざわこうじ)

      東京・目白にある身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ「顔晴る(がんばる)ジム」代表。
      著書『夢の360°開脚を叶える本』は発行部数6万部を超える。
      前職ではパーソナルストレッチのトレーナーとして、10年間での べ30000人以上の指導を経験。

      ヨガに出会い、ストレッチだけでは改善しなかった身体の硬さを解 決する方法(身体の使い方)に気付き、ヨガインストラクターとなる。また、身体の硬い人だけでなく、ヨガインストラクターやプロのダンサー などへの指導も行う。
      メディアやセミナーなどスタジオ外での活動も通じて、解剖学に基 づく理論と身体感覚の両面から身体の使い方を伝える活動をしている。

      http://gambaru-gym.com/

      __________________________



      申込み受付、ご案内は 「うららかヨガ」わたなべみさとが担当いたします。
      https://urarakayoga.wixsite.com/uraraka-yoga

      ホームページからの申込みが上手くいかない方
      質問がある
      という方、
      urarakayoga@gmail.comまでメールくださいね。


      __________________________




      JUGEMテーマ:福岡北九州



      | おしらせ | 17:49 | comments(0) | - |
      おしらせ
      0
        【11月3日・4日はあけておいてね】


        東京より、芹沢宏治先生をおむかえして2日間のワークショップを開催します。

        どんな内容にするか、いま、つめているところです。
        主に解剖学をお守りに、自分の体を安全に使うための学びにします。


        あ!いま、難しそうって思った?
        大丈夫。

        解剖学という言葉にアレルギーのある方こそ、このクラスはばっちりはまります。

        受講することで、自分の体の仕組みに自然と興味が湧くような、そんなクラスにしますから。




        「◎◎ができるようになりたい」という意図をもった練習は、やり方を間違えるとケガにつながります。


        そこを分解して、日常生活にも落とし込んで、安全に重ねていく。
        その延長線上に、◎◎ができるようになっている。


        もちろん、日常生活も変化するでしょう。
        知らない間に体にいたいところが…なんていうのは、無意識的な体の使い方の流れ着くところ。
        ここから、変わっていきますよ。


        これが、わたしの考える安全で、意味のある練習です。
        そんなことを分かりやすく、誰にでも理解できる言葉で。


        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        ここからは、ちょっと踏み込んで
        わたしと同じような、ひよっこヨガインストラクターさんに届くといいな
        という内容。


        人の身体って、本当にひとりひとり全く違う。
        人の言葉の受け取り方も、全く違う。
        教えれば教えるほど、そう感じませんか?

        そんな中で、安易な教え方をすると、怪我をさせてしまうのは必然。

        感覚に頼らない、正確な情報を生徒さんにお渡しすることは、
        インストラクターとして大切な役割だと思います。


        ここに書くのはちょっと勇気がいるけど・・・
        わたし、これまでに安全じゃ無い指導をしていたこと、
        けっこうあると思うんです。

        なぜなら

        わたし自身が安全じゃない使い方で練習をしていたと感じることが
        あるからです。


        まず、自分の安全を確保できていること。
        そして、その経験してきたことから伝えること。
        これ、基本だなって改めて思います。


        誤解を恐れずに言うと、
        自分自身がケガすること、あってもいいと思うんです。
        でも、それをケアしたり予防したりする方法が
        自分の体で理解できるようになるまでは、
        それに関連するポーズやシークエンスは、
        案内しないほうがいいんじゃないのかな。

        自分のクセって、自分では気がつきにくいので、
        その辺克服するのって時間かかります。
        信頼できる先生とともに練習を重ねている人はよいのですが、
        独学を重ねている方。
        解剖学が、明るい道を照らしてくれますよ。


        宏治さんは、ちっとも気取ってませんし、
        親切ですし、
        なにより紳士です。
        安心してください。
        どんな質問にも、誠心誠意こたえてくれますよ。

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


        9月1日には申込みを開始できるように準備中です。


        ひとまず日程、開けておいてください!
        運動強度としては、初心者さんでも問題なくご参加できる程度になります。ご安心ください。
        場所は、北九州市内です。(多分、山田緑地)


        宏治さんのホームページはこちら
        http://gambaru-gym.com/
        | おしらせ | 10:18 | comments(0) | - |
        << | 2/90PAGES | >>