CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
          
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサードリンク
                     
MOBILE
          
qrcode
                     
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ワークショップの様子【2】
0
    2018/05/18 - /20に開催された、
    マーク・シュヴェイマWSのフォトリポートです。
    全3回(もしくは4回)にわけてお届けする、2回目。


    【1】人生の全ての基盤「気がつく意識」ってなにの様子は、こちらから↓
    ワークショップの様子【1】


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    2日目から会場は、山田緑地・森の家。
    なんとか雨が降らずに持ちこたえてくれているような、ちょっとどんよりとした空模様。
    時折パラパラときますが、これから晴れてきそうな気配。
    しっとりした空気は、ソワソワする気持ちをしっとりと落ちつかせてくれます。

    お昼休みには晴れてくれますように!
    だって、外でお弁当たべたいもん。

    【2】「気がつく意識」で土台と体が変わる

    クラスのはじめは、このクラスの意図について確認するところから。
    マーク先生のアーサナクラスの魅力は、ココ。
    自分たちが、どんなことに向かっているのかをしっかり認識するところからはじまります。

    _DSF4514.jpg


    マーク先生から、マントラを受け取ります。

    _DSF4523.jpg


    このクラスで大切に扱うことは「流動的な関節の使い方」

    午後のクラスで行うバランスポーズの、基盤になるのはもちろん、
    体を動かすことによって生まれるケガを防ぐ扱い方でもあります。


    そう、ケガするのって、だいたい関節なのです。
    特にヨガで多いケガは首・手首・肩・足首・腰あとは、膝とか。
    いや、膝はもともと痛い人のほうが多いかも。
    「実はこの動きをすると、膝が痛むのです」っていうパターン。


    どうやったら、それを遠ざけることが出来るのでしょう。
    日常での可能性、解剖学的な理解、どんな意図をもって取り組むか。
    まずはそこを共有してから、実際に体験します。


    _DSF4528.jpg

    _DSF4538.jpg

    _DSF4540.jpg

    _DSF4541.jpg

    座ってる写真ばっかりやん!
    って思ったでしょ。
    なぜなら、撮影係もクラスに参加していたので、
    体を動かしはじめたら、撮影は一時ストップなんです。
    ごめんなさい。

    _DSF4546.jpg

    _DSF4551.jpg


    このワークショップのテーマ「気がつく意識」
    これをどこに向けるのか。
    繰り返し、繰り返し、何度も思い出させてくれる指示があります。


    短い時間の中でたくさんのことを経験して、達成感を得るようなクラスもたのしいですけど、
    こうしてひとつの事柄を、いろんな側面から経験して深めていくことこそ、
    ヨガの練習をしていると深く感じられて、私は好きです。

    難しく見えるポーズも、土台の扱い方が全て。
    ケガをすることで気づくこともありますが、
    やっぱりしないほうがいいよね。


    iPhoneImage.png
    みんなのおたのしみ、cicomiさんのお弁当!
    風は強く吹いていましたが、お外で食べるご飯は最高です。


    iPhoneImage.png

    ともさん、みのるさん、おいしいごはんをつくって届けてくださって、
    ありがとうございました。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    午後からは、ステップアップのこのクラス。


    【3】体を軽く支える秘訣 
    ーバランスの取り方と維持のプロセスー



    バランスって、得意不得意がぱっきりわかれる印象。
    柔軟ポーズをバンバンこなすような人でも、バランスになった途端不安な顔になったりする。


    私はバランスもともと得意だったんです。
    でも、マーク先生のバランスクラスを受けた時に

    「あーー、いままでのバランスって、ハリボテだったんだなぁ」

    って思ったことを、ものすごく強烈に覚えてる。

    体の使い方も新鮮だったし、なによりもそのポーズを終えた後!!

    体の芯からみなぎるような強さが感じられるのが、すごかった。
    目を背けることが出来ないほどの力が、自分の中心にあることに気づかされた。
    あ!ヨガのポーズって、体のためにあるんじゃないんだなって改めて感じた。
    こんな感覚は、他のクラスでは一度も感じたことがありませんでした。


    _DSF4558.jpg

    _DSF4560.jpg

    _DSF4563.jpg

    _DSF4575.jpg


    ハタヨガは、自分のパターンを変えていくことを支えるもの。
    思考を変えるための練習の入門。

    変わっていこうとする気持ちや、
    変わっていくための柔らかい部分がなければ、
    どんなに練習したっておなじこと。

    誰かに見せるための「まわり」ばっかりガチガチになっていませんか??


    _DSF4596.jpg

    _DSF4597.jpg

    _DSF4598.jpg


    みんなはこのクラスで、どんな気づきがあったのかなー


    _DSF4599.jpg

    _DSF4603.jpg

    _DSF4607.jpg


    シャバーサナ。

    _DSF4615.jpg

    _DSF4619.jpg

    _DSF4623.jpg

    静寂と、光。
    美しい光景。


    ------------------------------------------------


    山田緑地でのクラス、正直言うと「あちゃー」ってことありました。


    たとえば、隣の部屋で大騒ぎする幼稚園児の声。
    (↑元気でよろしい!)
    4時半になる、「そろそろ帰ってね」の放送。
    (↑しかもこれが結構長い)
    ゆっくり2回くりかえされる、お財布の落とし物の案内放送。
    (↑大事なことです)
    17時閉園に向けて、バタバタの撤収など。

    でも、大事なのは、自分が今、何に集中を向けるのかってこと。
    自分が今、何の為に時間やエネルギーを使っているのかってこと。

    前日の座学で聞いた話が、すぐに活かせる状況だなーって思いました。

    会場を準備した私としては、ホントのトコロ「うわちゃー、これは困った」って感じたんです。何度も。
    でも、そのたびに、一歩さがって、見る。
    これを、実行する。

    そして、集まってくれたみなさんのことを、信頼するのです。


    人のせいに、
    環境のせいにしない生き方は、
    きっと、力強いです。

    あらためて、学ばせてもらいました。

    【3】へつづく
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    STUDIO BiNDU(マーク先生と絵里さんのスタジオ)http://studiobindujp.com/

    お弁当以外の写真:渡邉祐介
    | マーク先生のこと | 12:58 | comments(0) | - |
    ワークショップの様子【1】
    0
      2018/05/18 - /20に開催された、
      マーク・シュヴェイマWSのフォトリポートです。
      長くなりそうなので、全3回(もしくは4回)にわけてお届けします。


      【1】人生の全ての基盤「気がつく意識」ってなに?

      小倉駅近くのコワーキングスペース「秘密基地」にて開催。


      この座学を受講すれば、日常や練習が変わってくるような、
      そんな生きる基盤のお話です。
      もちろん、日常、ヨガに縁の無い方にも大きなヒントとなるもの。

      そう、ヨガって体を動かすことじゃなくて、生き方。
      よりよく生きる為のヒントが、実践を繰り返してきた人たちによって継がれてきたもの。

      だから、今、ヨガ(ここでは、体を動かすヨガのこと)を習っている人だけが学んでいるのは勿体ない。
      子どもから老人まで、
      生きることを励ましてくれるようなあたたかさがあります。

      わたし自身、ヨガ哲学にはじめて触れたとき、
      「なんでコレ、学校でも家庭でも教えてくれないんだろう!!」
      って思いました。
      それほどまでにシンプルで分かりやすく、力強いもの。


      ひとりでも多くの方に、この「ものの見方」や「受け取り方」「考え方」に触れて欲しい。
      そして、そこで得た知識や新しい感覚を、自分の周りの大切な人たちにシェアしてもらえたら・・・
      そんな希望を持っていました。

      持っていましたけれども、まさか30名もの方にご参加いただけるとは!!



      初っぱなから感極まって泣きそうになり、挨拶は手短に。







      強い雨の降る中お集まりいただき、
      予定時間をかなりオーバーする中でも、みなさん集中力を切らさずに、
      アンテナをビンビンに立てて聞いてくださっているのが伝わってきました。





      マーク先生の優しい笑顔と、まっすぐな瞳に、みんなの緊張もほぐされたのでは無いでしょうか。
      まっすぐな人の前では、だれでもまっすぐな気持ちになります。





      本当の決断とは。
      直感的な叡智の宿る場所とは。
      自分を変えるために必要なプロセスとは。

      ひとつひとつ、わかりやすい言葉をもって、
      マーク先生自身の体験をもって、
      誰しもが共感できるような視点で、
      話をすすめていきました。


      聞きながら、すでに自分の人生を振り返っている方もいたように思います。


      あなたのノートには、どんな言葉がのこされていましたか?
      全てが理解できなくって、当たり前。
      わたしは、そう思います。
      何度も繰り返しノートを見て、自分の行動を振り返って、照らし合わせてみる。
      実践あるのみ。


      そして、ぜひ、あなたの大事な人たちにこの話を伝えてみて欲しいのです。
      人に伝えようとするとき、情報は整理整頓され、理解をさらに深めてくれますよ。


      もし、あなたの目から涙がこぼれそうになったのなら、
      その感覚はぜひ、大事にしてください。
      無視しないでください。
      鳥肌やフイの涙は、あなたが向かい合うべき場所に出会ったしるしだと、私は思うのです。



      通訳をしてくださる絵里さんと、
      アシスタントを務める惺司さん。

      絵里さんの通訳が素晴らしい!という感想を、たくさんいただきました。
      「そうでしょ?」と、わたしはニヤリ。
      美しいのです。
      好きなのです。絵里さんが扱う言葉が。
      常から言葉を大切に扱っている方には、特にそれが伝わったのではないでしょうか。


      秘密基地のみなさん、夜遅くまでありがとうございました。

      このトークでのテーマを
      二日間のハタ・ヨーガと瞑想、哲学の講義でもって
      実際に実体験し理解していくというのが、
      このワークショップの構成。

      お蔭で、しっかりとした基盤を築くことができ、明日への準備は万端です!



      【2】へつづく
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      コワーキングスペース「秘密基地」 https://coworking802.com/
      STUDIO BiNDU(マーク先生と絵里さんのスタジオ)http://studiobindujp.com/

      写真:渡邉祐介
      | マーク先生のこと | 15:38 | comments(0) | - |
      Yogaとは何か?
      0
        わたしのYogaの先生、マーク先生。
        マーク先生は、日本に来て9年。京都を拠点に活動しています。
        わたし自身は2013年10月に先生の存在を知り、
        2014年にヨガのイベントではじめてレッスンを受け、これは!となり、
        2015年に間違いない!!もっと学びたい!!!となって、
        2016年の6月から、京都に通って勉強しています。


        マーク先生の教えが、どのように魅力的なのか。
        わたしが感じていることは

        「ヨガの本質を丁寧に教えてくれる」

        と、いうこと。
        その他にもあるけど、とてもここで語りきれるようなことではない。
        みんながマーク先生に会ってくれたら、絶対に感じ取れるし、とても力強く伝わるのになー
        って思って、一念発起。

        マーク先生・絵里さん・惺司さんに、小倉までお越しいただき、
        ヨガと瞑想のワークショップを開催していただきました。


        iPhoneImage.png



        たくさんの方にご参加いただき、
        たくさんの方にお力添えいただき、
        なんとか無事に終了しました。


        この時間を共有できることに、
        自らの可能性を信じて参加してくれたことに、
        わたしのことを信頼してくれたことに、
        瞬間毎に胸がいっぱいで、
        生きていることを実感し続けました。


        誰にも、その人の役割がある。
        マーク先生が話してくれました。


        わたしは、その役割をしっかりと自分で把握し、実行しました。


        やりたい!と思ったのは、わたし。
        やると決めたのは、わたし。
        しかし、わたしの思いひとつでは何ひとつ叶わないのです。



        そこに繋がりがあるからこそ、わたしは自分の役割を全うすることができます。

        わたしの奉仕が、だれかに「良い感じ」をもたらすとき、その喜びは、さらに大きなものになります。

        とても幸せなことです。



        マーク先生・絵里さん・惺司さん
        参加してくれた方々
        サポートしてくださった全ての皆さん
        ありがとうございます!!


        終わってみて思うことのひとつに、
        みんな「瞑想」に興味があるんだなーって。
        もちろん私も、そうでした。


        瞑想も
        体を動かすヨガの練習も
        その基盤となる「考え方」がしっかりしていなければ、
        力を発揮しません。


        現状、ヨガ=体を動かすこと
        という認識が広がっています。
        需要、人気のあるものも、それ。


        もちろん、体を動かすだけでも大きな恩恵を受けることが出来ると思ってる。
        でもね、考え方 つまり 哲学なしには、
        ただの運動に終わってしまうかもしれません。


        ◇何のために練習をしているのか。

        ◇続けて行く先にどのようなことを期待して、生み出されたものなのか。


        せっかくだったら、ちゃんと知って練習すると
        限られた人生を有効につかえるよなーと、思いました。



        早くも「次も受けます!」というお声が届いていて、
        わたしもワクワクしながら妄想しています。
        どっぷりと浸かる数日間でもいいし、
        さらにたくさんの方に経験していただく方法でもいいし。


        あなたの考える「Yoga」とは?

        もし、今、納得する言葉で紡ぎ出すことができないのなら、
        マーク先生のレッスンを受けてみること、
        心からオススメします。


        ーーーーー
        興味があったら、フォローしてください

        Studio Bindu マーク先生と絵里さんのスタジオ
        うららかヨガ わたなべの教室
        | yoga | 17:25 | comments(0) | - |
        << | 2/88PAGES | >>