CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
          
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサードリンク
                     
MOBILE
          
qrcode
                     
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
経血トレーニング講習会とヨガの共通点
0
    最近あんまりブログ更新してなくて、
    やっとしたかと思ったら「経血トレーニング講習会」についてばっかりで。
    あれ?ヨガどこいっちゃったの?
    と、お思いの方もいらっしゃるかもしれません。


    わたしがヨガのレッスンを通じてみなさんと共有したいと思ってることのひとつに
    「知るだけで変わることって、あるんだよ」
    っていうのがあります。

    たとえば、
    『腕って、肩のとんがってるところから動くんじゃないんだよー』

    っていうことを知る。

    腕を使うとき、背骨 つまり 体の中心あたりから動かすようにイメージする。
    解剖学的なコトバを使うなら、鎖骨や肩胛骨も腕の一部、付け根として認識してみる。


    たったこれだけ。


    そうすると、腕って軽く感じるんです。
    同時に、ぶれなく力強さが生まれます。


    重たく感じていた荷物を、軽々と持ち上げられたり、
    肩(ここでは肩こりを感じる場所のこと)にかかる負担が減ったり、
    ケガのリスクが減り、
    無駄なエネルギーを使わなくて済むようにもなります。


    え?たったそれだけで??
    って思うでしょ。
    そうなんです。


    今まで、どれだけ思い込みの中で体を使ってきたのかってことに、
    くぅーーーー!!
    ってなるかもしれないですね。

    iPhoneImage.png
    今、何度も読み直しているこの本にも「知るだけで体改善する”4つの意識”」についてイラスト付きで紹介されています。
    ・知れば呼吸が深くなる
    ・知れば猫背が治る
    ・知れば腕力が上がる
    ・知れば歩くのが速くなる

    とっても親切で読みやすい本です。オススメします。



    実は、体を動かすヨガの練習をしているとき、
    こーゆーこと、たくさんあるんですよ。
    何度も体験します。


    できないんじゃなくて、しらないだけ。


    これは昨年11月にWSをしてもらった芹澤宏治さんhttps://gambaru-gym.com/のコトバ。
    *宏治さんWSのレポートはこちらからhttp://urarakayoga.jugem.jp/?eid=334



    知らないままでやっていると、ケガしやすいんですよね。
    そして、変化を感じるまでにそーとーな時間がかかる。
    *知識が少なかったとき、ワタシのヨガの練習がどんな感じだったか?という記事http://urarakayoga.jugem.jp/?eid=332



    もちろん、知った上で経験しないと、それは自分のものにはなりませんけども。
    知ったからには、やるでしょうよ。
    そりゃぁ。


    それを繰り返していると、
    気づけばその感覚は当たり前になり、
    体の使い方が理にかなっているとね、
    なんと。
    体の調子がよくなってくるってことが起きるのよ。



    さーここで、ようやく
    なんで「経血トレーニング講習会」なの?
    って話にもどってくるわけですよ。

    iPhoneImage.png


    そうなの、ピンときたでしょ。

    経血トレーニング講習会もね、知るだけなの。
    まずは。

    そこからは、経験してみるのみ。


    知るだけ
    そして
    実践する

    っていうこのシンプルなステップは


    「知るだけ」という部分が洗練されてないと、上手くいかない。
    もちろん、体の機能に基づいた事実であることは大前提ね。


    これ、経血トレーニングのメソッドはバッチリはまるんですよ。

    iPhoneImage.png

    ヨガ とか 経血コントロール っていうのは、ぼんやりと、ふわっとしてる印象がありませんか?


    経血トレーニング講習会は、めちゃめちゃそぎ落として、ぱっきり明確にわかることだけ伝えてくれるっていうのが、いいところなんです。
    情報が多いと、そこから自分にできそうなことだけを取捨選択してしまうのが、人間。
    その情報処理を間違えると、「聞いたけどよくわからなかった」ってことになりがち。
    取捨選択の余地なんてないくらいにシンプルで、簡単、即実行できる情報だけもらえます。

    だから、「とりあえず聞きに来て!」というお誘いが通用するんですねぇ。


    あ、今回は宣伝のつもりじゃなかったのに、
    なんかついつい経血トレーニング講習会の宣伝になってしまっている・・・



    えーと
    ワタシが経血トレーニング講習会のもとこさんをみんなに紹介することと、
    ヨガのレッスンをすることは、
    ごきげんな人がもっといっぱい増えますように!
    っていうことが軸になってます。

    ”月の1/4がしんどい、いやだーって日” なんていう人が多いのは、あんまりハッピーじゃないから。
    それが変わっていくのって、うれしいことだと思うから。
    自分と出会う人が、不機嫌じゃないって、いいよね。

    iPhoneImage.png

    自分の気がつく意識の使い方ひとつで、
    体も人生も
    佳い方向へ向かい出す
    ってこと、
    ヨガの練習をまじめにやってるひとなら、
    もう経験してると思うんです。


    ヨガに興味がなくても、自分の生理を無視できる女性なんていないでしょ?
    経血トレーニングを通じて、
    自分の生理や、体や、人生について、
    自分で選択できるかもしれないよーってこと、
    経験してもらえたらいいなって思います。


    日本全国で、どんどん経血トレーニングが広がったらいいなって思うので、
    これからももとこさんのサポートを続けようと考えています。


    もちろん、ヨガのレッスンも続けますよ。


    次回の経血トレーニング講習会は、7月20日(土)に開催することになりました。
    申し込みページ、つくりました!お友達にもぜひ、教えてあげてください。
    https://forms.gle/wTaMu3s1TD68pGqYA


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    紹介した本は、こちら↓
    | yoga | 18:30 | comments(0) | - |
    経血トレーニング講習会レポ
    0
      【次回の生理、ドキドキワクワクで挑みます!】

      経血トレーニング講習会 @山田緑地、13名の方々にご参加いただきました。

      iPhoneImage.png

      この講習会のおもしろいところは、

      「次の生理が楽しみになる」

      ってところだと思う。



      早く試してみたい!っていう気持ちに、なるんです。
      特に、経血量の多い日。


      そんな気持ちで、生理を待ったことってありますか??



      「次回の生理、ドキドキワクワクで挑みます」というのは、
      今回参加してくださった方の、感想。


      わーかーるー!
      わたしも、同じように感じました。



      初潮を迎える前は、未知のことすぎて怖かったし、
      毎月のことだって、あーーもう来るなぁ。週末、温泉入れるかなぁ…憂鬱やんって感じだった私も、
      今では「ふんっ」てして変わっていくのが面白くて、
      よっしゃこーーい!って感じになってるよ。


      もちろん、あーしんど、めんどーってことも、まだあるんだけどね。
      以前よりはずっと前向きだなって感じてます。



      「他の人にもやり方教えていいんですか?」っていう質問があったけど、
      どーぞどーぞ、どーぞ教えてあげてください。


      今回参加してくれたなかで最年少の、つむちゃん。
      お話がどのくらい通じたか分からないけど、部分的に楽しんでくれていました。

      iPhoneImage.png
      骨盤内の臓器パズルを楽しむ、つむちゃん。

      直腸から肛門のパーツ
      子宮から膣のパーツ
      膀胱から尿道のパーツ

      骨盤の中で、どんな風に収まってるか知ってます??
      教科書で見た、平面的な絵では理解できてないですよね。

      iPhoneImage.png

      コレを知っておくこと、イメージできることって、
      経血トレーニングをする上ですっごく大事だと思うの。
      それって、自分を知るってことですよね。

      iPhoneImage.png
      つむちゃん骨盤模型が気に入りすぎて、
      完成形を写真に撮るようにお願いされました。笑


      まだ生理が来てない時には、ピンと来ないことも多いし、途中で飽きちゃうかも知れないけど、それでも連れてきてもらっていいですからね!
      なにかしら、あるから。


      iPhoneImage.png
      午後の部には幼稚園児のお友達が来てくれましたー
      さすがにお部屋にはいられなかったので、山田緑地の中でたのしく遊んでもらいました。



      もとこさんから直接話しを聞きたいという方もいるだろうし、
      今回参加した方々から友達にも聞かせたい!という声をいただいてるので、

      7月20日(土)にまたまた開催します。
      詳細・お申し込みは、こちらのリンクから!
      https://forms.gle/2DA2D38ecfaUtC1o8

      | ヨガ以外のおべんきょう | 10:34 | comments(0) | - |
      経血トレーニング講習会を受けた人の声
      0
        経血トレーニング講習会に参加してくれた、
        すみれちゃん(20代)にインタビューをしてみました。

        嬉しいこと、かなりリアルに答えてくれました。
        すごく分かりやすいと思ったので、是非読んでみてください。


        まず、松原もとこさんの言う、経血トレーニングってどんなこと?
        っていうのを以下に転載します。

        ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

        『経血トレーニング』??? 初めて聞く方も多いと思います。

        なぜなら私の造語だからです(笑)

        『わたくし松原もとこ、月経中、ノーナプキンで過ごしてます』と聞いたら、さらに驚く方、多いと思います!!


        月経中、身体は経血を出そうとしています。

        考えてみれば当たり前のこと。

        でも皆さんは身体が経血を出そうとしていることを、意識したことがありますか?

        出そうとしていることを意識して、そしてトイレで「ふん♪」と出すことをサポートするのです。

        トイレでもうひと踏ん張り「ふん♪」

        それが経血トレーニング!


        もっと詳しく読みたい方は
        https://keiketsutraining.p-kit.com/

        ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


        そう、経血トレーニング講習会とは

        トイレでもうひと踏ん張り「ふん♪」

        ってどういうこと?どうやるの?
        という実践のコツを、ひたすらに、これでもか!と教えてくれる講習会なんです。

        *体を冷やさない
        *生理中/生理前はこうやって過ごそう
        *何を食べると良い
        というような話を聞かされるのではなくて、とにかく実践!!
        これがポイントなんです。

        iPhoneImage.png
        模型を使って、体の仕組みと照らし合わせながらすすめるよ。



        さぁ、それではおまたせしました。


        ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
        ↓↓↓ すみれちゃんの感想を、どうぞー ↓↓↓

        ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

        ≪「ふんっ」をしてみてどんな感じ?≫

        とりあえずトイレに座ったときに踏ん張ってみる。
        どこに力を入れたらいいかわからないから、姿勢変えてみたり、ここに力入れたいと思いながら踏ん張ってみたり。
        排尿、排便をするときに「どこに力を入れるか」「どんな風に力入れるか」を、ちょっと気にするようにしました。



        ≪変化を感じたのは、何回目?≫

        初めて試したときから。
        おしっこしたときとは違う、どろーっとしたのが出たかんじがした!と思って便器内を見たら、血で真っ赤になっててびっくりしました(笑)
        トイレで出せてたぶん、日中ナプキンにじゅわーって出る感じが減ったように感じました。



        ≪これまでの生理はどんな感じでしたか?≫

        ザ、重たい生理が来る人。て典型的なかんじで。
        生理2日目はお腹が痛すぎて一日寝込む、赤ちゃんのオムツみたいにナプキンに血がいっぱいでてパンパンになる、ふとした瞬間にシャバシャバシャバって血がナプキンに出るのを感じる、生理3日目ぐらいからかぶれる…
        と最悪な1週間でした。



        ≪経血トレーニングの概念を知ったとき、どう思いましたか?≫

        学生のときに、ふと「昔のナプキンがない時代生理の時女の人どうしてたのかな?」と気になって調べたんです。
        そしたらトイレに行ったときに出してたってあって。
        「じゃあそれまでどうやって血を止めるのかな?」「ずっとキュっと力を入れて引き締めてるのかな」
        って勝手な想像で、一日キュっとしようとしたものの無理でした。

        諦めてナプキン使ってたときに、経血コントロールを聞いて、
        「え、トイレの時に出すだけ?日中引き締めなくていいの?」って驚いたものの、それで成功してるならやってみるかって思って実践しました。


        ≪実際に講習会を受けてみて、どうでしたか?≫

        周りの人も同じように、おりものや生理の悩みがあることが知れたから、よかったです。
        友達同士で「こんなおりもの出てるんやけど…」って言えないですもん。「それ性病やない?」って言われたりしたら嫌ですもん。
        お腹が冷える原因や、おりものとはなんぞや?って理解できたし、
        生理に対して受け身で振り回される生活だったけども、自分でコントロールできるようになったからよかったです。

        iPhoneImage.png
        わたしと、もとこさんと、すみれちゃん。


        さてさて、いかがでしたか?
        ここで、重大発表があります。



        じつは、すみれちゃん・・・



        講習会の前に渡してた講習会用の冊子を読んだだけで、これ、できちゃったんです(笑)



        もちろん、講習会では冊子に書いてあること以外も沢山はなしますので、「じゃあ冊子だけでいいやん」ってなるのは違いますからね。

        私が言いたいのは、

        そのくらいカンタンに実践できるようになっちゃうよ

        って、ことなんです。
        すみれちゃん、生理の期間が短くなったそうです。
        多分、実践し出してから生理来たのって3回くらいなんですけど、もう実感出来てるんですよ。

        これは、すみれちゃんが特別なのではなくて、
        昔はみんなできてたこと。

        そう、あなたにも可能なことなんですよー!!

        まずは、聞きに来てください。
        聞くだけでいいの。
        発言を強要することもありませんから、ただ参加するだけでいいです。
        ですから、年頃の娘さんも大丈夫ですよ。
        座って話を聞くだけでいいです。
        メモもとらんでいいよ。
        ただ、聞くだけ。


        もとこさんの名言
        「こんな話、誰も信じないでしょう?だから、騙されたと思ってとりあえず聞きに来て。」

        そして
        「絶対に損させないから」

        と、続きます。

        来てください!
        連休明けの5月11日(土)、あけておいてー

        詳しくは、こちらのページをご覧ください。
        ≪≪詳細・お申し込みのページに移動します≫≫
        https://goo.gl/forms/kR1WJoFOlBwCMDU13
        | おしらせ | 17:31 | comments(0) | - |
        | 1/94PAGES | >>