CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
          
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサードリンク
                     
MOBILE
          
qrcode
                     
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
自分の取扱説明書を創ろうWSレポ《2》
0
    自分の取扱説明書を創ろうWSレポ《2》

    参加してくださった方々のお声を一部ご紹介しつつ
    相づちをうつスタイルでレポートしますね。




    「地味だけど、とても大切な体の使い方を教えてくれるワークショップ」


    そうそう!
    大切な事って、実は地味なんですよね。
    そして、地味なことほど自分では気づきにくかったりします。
    地味なワークショップって、パッと見では魅力がすくないようにうつったりします。
    だれでも、新しい経験をしてみたいものだし、一度通ったはずの道をもう一度戻ったりすることにお金や時間は使いたくないからです。
    でも、基盤を固めることによって、そのうえに何となく乗っかっていた知識や経験がまとまってきて、確実に自分のものになるんですよね。



    「初めて解剖学に触れて、筋肉のことを意識しましたが、今までの体の使い方や、思考を見直すことができました。自分の持っているものの精度が高まり、進化していけると思います。」

    意識していなかった部分に気づくと、他の部分との繋がりがあきらかになり、
    これまでの経験が生きてきて、全体的にパワーアップするような感覚が湧き上がることがあります。
    ただ練習するだけでは気づけないことも、解剖学的な視点から仕組みを知ることで、意識が変わってくるんですよね。




    「解剖学を教えてもらったのだけど、その上にある概念を押さえている話だったので、よく理解することができた。」


    ただ解剖学を学ぶだけというのは・・・
    考えただけでフリーズしちゃいますよね。(私の場合はですけどね)
    でも。
    「なぜ解剖学を使ってヨガの練習に取り組むのか」ということが分かっていれば、それは変わってきます。
    解剖学を目的にせず、手段にするということ。
    宏治さんも何度も繰り返しその事をお話しされていました。




    「実践しながらの説明をしてくださったので頭だけでなく体で覚えた感じです。」

    筋肉の名前を覚えたところで、使えなければ意味が無い。
    逆の言い方をすれば、意識をする必要がある筋肉に気づけたらいいわけです。
    このワークショップでは、今後、自分で練習していて
    「あー、このポーズ上手くいかないなー」って感じたときに、
    どうやって解剖学を用いればいいのか。
    それを教えてもらいました。
    使ったのは、この本。
    プロが教える骨と関節のしくみ・はたらきパーフェクト事典
    https://books.rakuten.co.jp/rb/12383321/
    ただ読んでいるだけでは身につかない知識も、
    必要なら覚えちゃいます。



    「ポーズが出来ない原因となっている筋肉、そしてその筋肉を解剖学的に説明してくれたので、感覚として解剖学を感じられました。」

    座位前屈が苦手な場合。
    「脚の裏の筋肉が硬い」と考える場合がほとんど。
    でも、筋肉というのは、1つだけで作用しているものではなくて、
    そのまわりの筋肉の状態の影響を受けています。
    宏治さんの豊富な経験や知識から、別角度でそこに光をあてました。
    これは、自分で勉強をして気づくこともできますが、とっても時間がかかること。
    ここは、既に学んでいる人に教えてもらうのが一番です。

    「苦手を克服するためのアドバイスをもらいながら練習する」という内容のクラスが、すごく評判よかったです。次回ワークショップでお招きするとしたら、このクラスが大人気になる気がします!もちろん、その前の段階で学んだことが生きてくるクラスでもあるので、併せて受講することをオススメしますけどね。



    苦手だと思い込んでいたこともやり方次第でできるようになることを学ばせていただくことができました。」


    本当に思い込みとはおそろしいものです。
    極端に感じるかも知れませんが、自分の人生の可能性を自らつぶすようなことになりかねない。
    それが、思い込み。
    体の使い方に限らず、思考や選択にも及んでくることです。
    体を使うヨガの練習で、自分の思い込みに気づく事ができたら、
    知らない間に
    見えない領域 = 思考や感情
    にも、それを用いることができるようになってきます。
    宏治さんの知識や理論は、そのことをスムーズに受け取りやすく導いてくれました。



    「自分の体を知ること(解剖学的知識を入れること)で、体を動かしていくイメージがより鮮明になった。解剖学は難しいものではないと思った。」

    本当にそうなんです。
    難しいものでは無いと思えたら、親しみやすくなりますよね。
    ヨガでの体の使い方に限らず、日常生活で「あれ?」と思った部分にも解剖学をお供に
    より良い体の使い方を発見できたら、日常の質がグンとよくなります。
    ぜひぜひ、あなたのおそばに解剖学をおいてくださいな。



    ご参加のみなさまと、2日目に記念撮影。
    山田緑地の空気も澄んで美しく、学ぶ為の鋭気を与えてくれました!




    新しい意識で自分の体と向かい合うことは、
    新しい服を着るときのようにワクワクします。

    新しい服を着て出かけるとき、
    空気もいつもと違うような感じがします。

    自分自身を観察することは、新しい意識に出会うことでもあります。
    ということは、
    毎日毎日新鮮な空気を味わいながら生きることができるってことなんですよね。
    それって、なんでもない毎日がキラキラと輝き出すってことだと思います。

    解剖学は、そんな新しい意識に出会うことを手伝ってくれる学問だなぁって感じられたワークショップでした。



    わたしは、新しい体の使い方を組み合わせて、
    「今までより関節の緩さに依存しない前後開脚」に挑戦しました。

    iPhoneImage.png

    このポーズができたからってなんなの・・・
    とか、
    このポーズって何がいいの?
    なんて思うことがあるなら、
    それはそのポーズについて一度解剖学的な理解を加えてみるといいと思う。
    新しい視点でもって、そのポーズと向き合ったとき、
    そのポーズはきっと、あなたにたくさんの恩恵を与えてくれはず。

    宏治さんには、また来ていただこうと思っています。
    次回みなさんにお会いできることを楽しみにしています!
    | yoga | 22:03 | comments(0) | - |
    自分の取扱説明書を創ろうWSレポ《1》
    0
      自分の取扱説明書を創ろうWS
      東京より芹澤宏治先生をお迎えしての、
      2日間のワークショップが終了しました。


      参加者は、
      宏治さんのブログの読者さん
      解剖学が苦手・・・と感じている方
      苦手なポーズを克服する方法を知りたいという方
      前後開脚・左右開脚を達成したい方


      解剖学は感覚と結びつけることが出来ずに、ずっと苦手意識があった
      難しそう、名前を覚えられなさそう
      ・・・解剖学に対して、こんなイメージを持っている方も。





      このワークショップでは、ただ体についての知識を知るだけでなく

      なぜ、それをするのか
      なぜ、その方法がいいのか

      といった考え方からはじまり、

      だから、こうするのか
      だから、この結果が得られるのか

      という体の使い方を体感するという流れ。


      「知るだけでなく体験してはじめて自分のものになる」
      ということは、マーク先生から何度も何度も伝えられた大切な基礎です。





      目的もないまま走り出してもゴールがないので、達成感がありません。
      「できた」という実感が生まれません。

      宏治さんが提案するやり方は、

      「難しいことをする前に、簡単なことを”超”できるようにする」

      たとえば、180度開脚をしたかったら。
      ゴール、めっちゃ遠く感じます。
      180度開くことがゴールだと、160度開いててもできたことにならないですよね。

      160度開いてたらゴールまであと20度。
      でも、ここからの20度で挫けてしまったら、達成しないんです。
      あとちょっと!ってなると、無理してしまいがち。
      無理すると、ケガしてしまいがち。
      ケガをしてしまうと、練習を中断してしまう。
      中断してしまうと、その目標をいつの間にか忘れてしまっているなんてこともありますよね。


      だったら!
      ゴールをもっと手前に設定して、
      それをラクラクできるようになることから始めるんです。


      それがラクラクできるようになると、もうちょっと深めてみようという気持ちが自然と湧いてくる。

      その小さな積み重ねをいろんなパターンで体験することを続けていると、
      それらは洗練され、強化され、繋がりが深まっていき、
      ある日「ポーズがやってくる」ときが来る。






      うまく行かないのには、必ず原因がある。
      それが見つかりさえすれば、ポーズは変わってくるはず。

      でもね、気づきにくいんですよ、その原因に。

      だって、気づかないのは当たり前で「そこに感覚がない」ことが多いから。


      そんなとき、
      解剖学の知識が、そこに感覚を生み出すことをサポートしてくれます。



      調べるだけでおわらず、しっかり体感!!
      これが、大切。



      ポーズを達成する前に、
      簡単なことを超できるようにする!
      という前提に立って、
      自分の苦手なポーズを「超簡単」なポーズにまで分解していく。

      補助具を使ったり




      ポーズの向きを変えてみたり


      やり方無限大!

      「このポーズを練習するには、まずこのポーズ」
      と教えてもらうのではなくて、
      自分の頭で、その繋がりを作り出せるように導いてくれます。


      前屈が苦手という方にモデルになっていただいて。
      達成の妨げになっている理由は、どこにあるんだろう。
      ポーズを分解してみます。








      「前屈で、足を超えるとこに手がつけた!感動して泣きそう。」と漏らした彼女は、家帰って早速もう一回前屈してみよう!って、言ってました。
      練習が楽しくなるって、すごく大切なことですよね。
      そこに導いてくれた宏治さんの「誰にでも理解できるような」説明は、ものすごく洗練されてるなーって感じました。


      こっちまでうれしくなっちゃうような笑顔を見せてくれました。

      理解が深まり、思った通りに体を動かすことができる経験を重ねると、
      「どんどん自分の体がたのしくなる」
      という現象が起こります。
      もっと知って、もっと仲良くなりたくなります。

      自分への探求心、それこそがyogaだなぁっ
      って、解剖学を通じてしみじみ感じました。

      ポーズをとることがyogaじゃない。
      ってことが、体感できました。

      ____


      苦手には理由があります。
      その苦手を克服するのを邪魔するのが「思い込み」です。


      解剖学を用いることによって、その強い思い込みが取り払われたとき、
      体の使い方に変化がおきます。

      体が変わった訳ではありません。
      使い方が、変わっただけ。

      それだけで、目に見えて結果が変わってくる。


      体の使い方への思い込みや無知が原因でできないことって、いっぱいあるんだなーって、改めて気づかされました。


      でもそれって、
      思い込みが取り払われ、知識を得ると、体は思ったとおり動いてくれるんだなーってことでもあるんです。


      《2》へつづく
      | yoga | 22:55 | comments(0) | - |
      おやすみのおしらせ
      0
        去年の今頃は、富山に住む祖母に会いに行っていました。黒部という日本海に面した土地で、松林・・・というか、庭をぬけるとそこは海。




        天気が良ければ、後立山連峰の美しいシルエットが臨めるこの地。お水がおいしいことで有名です。
        北アルプスの山たちから集めた水は、黒部川となり、その水は地下水となり、清らかな湧き水となるのです。
        地元の人は「おしょうず」と呼びます。


        昔からある家にはおしょうずをひいてくる「ほりぬき」があって、
        そのつめたーーい水(夏でも11度程度)でスイカを冷やしたり、小さい頃は水浴びをして遊んだりしたものです。




        わたしたち人間がどれだけ傷つけても、こうして変わらず恵みを与え続けてくれる自然。


        どうあがいたって、私たちは自然の一部でしかないんです。離れて生きることはできません。
        だから日々の生活において、その完璧な循環をできるだけ乱さないものを選びたいなーって思います。水や土に負担をかけないものを、です。


        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


        さて。
        おやすみのおしらせ。
        9/21(金)から9/24㈪まで、レッスンもメールへの返信もすべてお休みします。よろしくお願いいたします。
        今年も、大自然の中で遊ばせてもらって来ます。


        | おしらせ | 08:41 | comments(0) | - |
        | 1/90PAGES | >>