CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
          
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサードリンク
                     
MOBILE
          
qrcode
                     
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ワークショップの様子【4】
0
    2018/05/18 - /20に開催された、
    マーク・シュヴェイマWSのフォトリポートです。
    全4回にわけてお届けする、最終回。


    【1】人生の全ての基盤「気がつく意識」ってなにの様子は、こちらから↓
    ワークショップの様子【1】


    【2】「気がつく意識」で土台と体が変わる
    【3】体を軽く支える秘訣 ーバランスの取り方と維持のプロセスー の様子は,こちらから↓
    ワークショップの様子【2】


    【4】アーサナクラス(体を動かす)「ケガをしない 自宅メニューの作り方」の様子は,こちらから↓
    ワークショップの様子【3】


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ワークショップから、1ヶ月が過ぎました。
    これを読んでいる受講された方々。
    どんな変化に気づくことが出来ましたか?
    または、自分自身から、どんな変化を起こすことが出来ましたか?



    【5】メディテーション(瞑想)&マントラ
    ”気がつく意識”は、ここに使う!「これから始める 本物のyoga瞑想法」


    このクラスは、とてもたくさんの方にご参加いただきました。
    また、都合がつかず受講できなかったけれど、本当はぜひ受けたかった!というお声もたくさん。

    みんな、瞑想に興味あるんだなー
    もちろん、わたしも同じです。
    マーク先生のところに通うことに決めたのは「瞑想・哲学」について、厚くサポートしているように感じたからです。

    ーーーーーーーーー

    世の中に、瞑想に関する本や、情報はたくさんあります。
    でも、それらをもとに実践してみても、「これでいいのかな?」
    って感じることが多いじゃないかなーと、思います。

    形のないものだし、1回で何かが変わるものでもありませんからね。
    続けなければ、変化を実感できない。

    なのに、なかなか続けられない。
    なんで??

    それは、《 続けることに意味がある 》ということについて、納得できていないからではないでしょうか。


    じゃあ2時間のクラスで、納得いくような知識を得て、体験が出来るのかというと、
    残念ながらそういうわけでも無いです。時間がもっともっとたくさん必要です。


    ただ、実践を重ねている先生から直接おしえてもらう、生の言葉を聞くということは、”情報以外のもの”を受け取ることができると思うんです。
    マーク先生を実際に目の前にして、「あぁ、この方はずっと瞑想を続けて来て、今、このような在り方なのか」と感じること。これには、ものすごい説得力があります。


    _DSF4596.jpg

    そして 「一緒に練習をする」 ということ。
    内側の体験は共有できませんが、これはものすごく力強い体験だと思います。

    _DSF4597.jpg

    世の中にはたくさんの瞑想法がある。
    そして、それらは「目的」が違うことをご存知ですか?
    いま、あなたが実践している瞑想方法は、あなたの「目的」と同じものですか??

    これらは意外と知られていないことなんじゃないかなぁ、って思います。

    別の瞑想法が良くない、
    こっちの瞑想法が良いよ、ってことではありません。

    乗ってる電車が、自分の目的地にいくのかどうかってこと。
    途中の駅までしか行かないものもあるよってことです。

    「自分に変化を起こす」という目的があるなら、
    それに見合った瞑想法を選べるといいですよね。

    _DSF4699.jpg


    瞑想の効果を感じるには、練習を続けることが重要。
    その方法だけでなく、背景や理由を知れば、よりスムーズに取り組みやすくなります。

    初日に
    【1】人生の全ての基盤「気がつく意識」ってなに?
    を受講された方は、もっと深くこの瞑想の必要性や重要性に気づけたと思います。


    _DSF4693.jpg


    夫婦でご参加くださった方もいらっしゃいました。
    家族間でこの考え方や、経験を共有できるというのは、とてもパワフルなことです。

    夫婦で二人でひとつの問題に直面することって、よくありますよね。
    そんなときに、共通の理解や言語があると、早いんですよー!いろいろと。

    また、この経験を共有することによって、お互いの力をより高めあうような関係になること、間違いナシです。
    これは、わたし自身の経験からも太鼓判押しときます。


    今は女性がYogaに触れる機会が多く見られます。
    男性はなかなか踏み込みにくいと感じているような、そんな空気を感じます。
    今回、夫婦で参加できなかった方々。
    ぜひ、この経験や感想をシェアしてみてくださいね。

    マーク先生、きっとまた来てくださると思いますので、
    次回はぜひ!!お二人で参加してください。

    _DSF4712.jpg

    山田緑地のお天気もサイコーで、記念の1枚。

    外で食べるお弁当も、サイコーでした!!
    写真を取り忘れましたが、2日目のお弁当はコミルキッチンさんにお願いしました。

    消化によく、生きた栄養を取り入れることのできるお弁当。
    ありがとうございました。

    _DSF4752.jpg




    【6】yoga哲学
    「yogaが教える ”自分自身"の生き方」


    「”哲学”って聞くだけで、眠たくなるー!」
    っていう人も、いますよね。

    そもそも哲学って、なんでしょう。


    ヨーガの哲学を学ぶことは人生に次々と起こる出来事にどのようなパターンがあって、どういった一連の連続性が授けられているのか、あるいは、その出来事がどのようなカテゴリー別に分類されているのか、という大きな視点で物事を理解していく力をつけることです。

    ーSTUDIO BiNDUホームページより拝借 http://studiobindujp.com/philosophy



    なぜ人は生まれ、死んでいくのか。
    自分がこの世に生を受けた意味とは、何なのか。
    考えたことがあるでしょうか。

    簡単にいってしまえば、それらの答えを探し、
    言葉や文章で説明出来るようにしたものを、哲学と言ってもいいでしょう。

    時代は変われど、生まれて死んでいくことは昔々から変わらないわけで、
    これまでどんな時代においても、人間が考える生き物である以上、
    ずっと繰り返されて、向かい合ってきたものなんですよね。

    ほら、これ、
    難しい学問なんかじゃないんです。
    わたしたちに、直に関係することなんですよ。

    神秘的なものと捉えられがちですが、
    すっごく現実的なもの。


    さあ、じゃあ早速その哲学に触れてみよう・・・と、
    Yogaの哲学が記された、『ヨーガ・スートラ』『バガヴァッド・ギーター』のような、たくさんの人に知られた本を手に取ってみる。
    ですが、これをひとりで読み進めようとすると、実は難しいんです。
    というか、時間と根性が必要。


    だって、含みがありすぎるんだもん。


    読んで、シンプルに理解するっていう類のものでは無い。
    向き合って、紐解いて・・・という進め方になります。
    ここが、難しいと捉えられる所以でしょうね。


    そこで、先生の登場!

    _DSF4818.jpg


    「先生とは生徒を”高速道路”に乗せるものです」
    というのは、マーク先生の言葉。


    既に読み深め、紐解いて、噛み砕き、飲み込んでいる先生の解説こそが、
    私たちを正しい理解に導いてくれます。
    そう、のろのろ運転でなかなか先に進まない車を、びゅーんと高速で目的地の方へと連れて行ってくれるのです。


    今回のワークショップのテーマは「気がつく意識」


    今の自分がどのようにつくられているのかに気づきます。
    そして、
    本当にそれでいいのか?
    ってことに、Yoga哲学を通じて気づいていきます。


    どのような在り方が、生まれてきたことに、生かされていることについて、応えるものなのか。


    マーク先生が乗せてくれた高速道路。
    見える景色が、びゅんびゅんとうつり変わっていくのがわかる時間でした。


    せっかく違う景色が見えたところで、ただ「知る」だけでは変わらない。
    実際のトコロ、自分自身で経験しなければ、車はスタート地点から動けません。

    じゃぁ、どうしたらいいの?

    っていうのは、これまでのクラスで既に教えて貰いましたね。
    それを確認するような、3日間のまとめにふさわしいクラスでした。
    最初にあっても、ダメ。
    このクラスで、まとめ、しあげる。
    納得し、落とし込める。
    振り返って、照らし合わせて、明日につなげる。

    本当に、親切で丁寧なクラス構成だと感心するばかりです!!


    _DSF4824.jpg



    理解を始めると、誤解や未知から発生していた萎縮して強張ってた気持ちにゆるみが生じてきます。この状態は、身体と思考をリラックスさせて中枢神経にもよい影響を及ぼしてくれます。
    ーSTUDIO BiNDUホームページより拝借 http://studiobindujp.com/philosophy



    Yoga哲学について学んでいるとき、ふっと涙がこぼれる瞬間が私にはあります。
    コレまでの人生や経験について、答え合わせをしている気持ちになったりもします。

    クラス後のみなさんの顔をみると、あぁ、みなさんそれぞれの、
    Yoga哲学の恩恵を受けたのだなぁと感じられました。

    哲学を学ぶことで、アーサナ・瞑想の練習は、グッと深みを増します。

    それを体験できた3日間だったのではないかなー


    _DSF4833.jpg



    私は、はじめ自分の周りの人たちと、
    マーク先生から教えて貰ったことを共有できたらって考えていました。

    なぜ?
    だって、世界の変化を望むなら、まず自分から。
    そして、その周りから。
    その輪っかが少しずつひろがっていけば、世界に変化が起こると思うから。

    現在「息苦しい社会だ」と感じている人は、日本に結構多いように感じていて、
    わたしはそこに、少しずつ変化がおきたら良いなって考えている。

    マーク先生のもとで学んでいることが共有できたら、
    その輪っかは、間違いなく広がっていくって。

    私の夢物語みたいなところからスタートしたこのWSでしたが、
    マーク先生と絵里さんは快諾してくださって、
    京都からはるばる小倉に来てくださいました。


    そして、たくさんの方にご参加いただき、
    たくさんの方にお力添えいただき、
    なんとか無事に終了しました。


    この時間を共有できることに、
    自らの可能性を信じて参加してくれたことに、
    わたしのことを信頼してくれたことに、
    瞬間毎に胸がいっぱいで、
    生きていることを実感し続けました。


    誰にも、その人の役割がある。
    マーク先生が話してくれました。


    わたしは、その役割をしっかりと自分で把握し、実行しました。


    やりたい!と思ったのは、わたし。
    やると決めたのは、わたし。
    しかし、わたしの思いひとつでは何ひとつ叶わないのです。


    そこに繋がりがあるからこそ、わたしは自分の役割を全うすることができます。

    わたしの奉仕が、だれかに「良い感じ」をもたらすとき、その喜びは、さらに大きなものになります。

    とても幸せなことです。


    マーク先生・絵里さん・惺司さん
    参加してくれた方々
    サポートしてくださった全ての皆さん
    ありがとうございます!!


    レポートといえるのかわかりませんが、これにて終了しますね。
    後半は、1度掲載した文章ですが、改めてお伝えしたかったので再掲しました。


    「また受講したい!」という声をたくさんいただいています。
    お応えできるよう、がんばりますね。


    マーク先生と絵里さんのスタジオ http://studiobindujp.com/
    写真:渡邉祐介

    | マーク先生のこと | 09:34 | comments(0) | - |
    ワークショップの様子【3】
    0
      2018/05/18 - /20に開催された、
      マーク・シュヴェイマWSのフォトリポートです。
      全3回(もしくは4回)にわけてお届けする、3回目。


      【1】人生の全ての基盤「気がつく意識」ってなにの様子は、こちらから↓
      ワークショップの様子【1】


      【2】「気がつく意識」で土台と体が変わる
      【3】体を軽く支える秘訣 ーバランスの取り方と維持のプロセスー の様子は,こちらから↓
      ワークショップの様子【2】


      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      3日目は、晴れ!
      山田緑地の緑のまぶしさ、空気の清らかさ、ゆったりとおおらかな雰囲気。

      iPhoneImage.png

      マーク先生と絵里さんのスタジオ「STUDIO BiNDU」は、京都の繁華街から少し離れた岡崎エリアにあります。(平安神宮の大きくて真っ赤な鳥居から歩いて5分ちょっと)
      隠れたオアシスの様にひっそりと存在しています。


      町家を改装したその建物の入口には、緑が茂り(きのこも)
      二階の窓からはやわらかな陽射しが室内に穏やかな明るさをもたらし、
      さわやかな風が通りぬけ、
      鳥のおしゃべりも耳に優しい。
      高い天井は開放感を与えてくれ、
      余計な装飾が一切無い空間は、
      自分自身に集中するのに、これ以上無いほど贅沢な場所なんです。


      私が会場選びでこだわったのは、少しでもこの感じに近い場所であること。
      山田緑地は、その要素を持っていました。


      午前中は、
      【4】アーサナクラス(体を動かす)
      「ケガをしない 自宅メニューの作り方」



      みなさん、クラスの前にそれぞれマーク先生に質問。
      自分自身の体の使い方について。

      体を動かすことによって生まれる痛みのこと、
      既に体にある「クセ」や「特徴」によって、難しいと感じるポーズがあること、
      言葉で指導される意味は分かるけど、体にどう反映していいのか分からないなど。


      ハタヨガクラスの中でその問題に出会ったとき、
      先生からもらうアドバイスで、すぐに解決することもあります。
      でも、多くの場合、その場ではピンと来なくて、
      練習を繰り返す中で「あ!あれってそういう意味だったんだ」って、気づくんです。

      毎回 毎回 同じ疑問を持ちながら先生と練習していたのでは、
      時間もお金も、もったいないです。
      だって、先生は既にアドバイスをくれているのだから。
      「言ってる意味がわからなーい!」で終わらせるのは、自分の為に勿体ない。

      じゃあどうすればいいの?
      そう「自宅練習」です。

      「家でもヨガの練習するのなんて、ヨガの先生くらいでしょ」って思うかもしれません。
      でも、なにも1時間びっちり練習しましょう!って提案しているわけじゃないのです。

      _DSF4629.jpg


      マーク先生は言います。
      「自分が何に取り組みたいのか」

      これが、なにより大切であると。

      「自分の体で経験したことが一番のコトだと考えると、練習が楽しみになる」

      これさえ明確になっていれば、どんな練習も有意義なものになります。
      例え5分でも。1ポーズでも。

      _DSF4643.jpg
      シンプルな2つのポーズからのバリエーションでも、練習を深めることが出来ます。
      別々のものだと思っていたポーズも、繋がりを見つけることが出来れば、
      それはシークエンスになります。

      _DSF4648.jpg


      質問にこたえる形で、すすめていきます。

      _DSF4669.jpg

      _DSF4674.jpg

      _DSF4681.jpg

      _DSF4685.jpg


      この日の質問は
      ・よつばい や ダウンドッグでの 腕の使い方
      ・特定のポーズで膝が痛む原因について
      ・外反母趾によって脚の力が思うように使えない場合

      でした。
      他にもたくさん質問がありそうでしたが、時間の関係でここまで。


      マーク先生はいつも「○○をしなさい」とは言いません。
      方法について簡潔にでも、親切に解説し、
      それによって得られるものを教えてくれる。
      (もちろん、そこに「自分の場合は」という言葉を忘れない)

      そして、「練習して実際に経験すること」
      の大切さを繰り返し伝えくれる。


      それは、とても強い励まし・勇気づけだと思うのです。


      「あなたにはそれができますよ!」と、言わなくても伝わってくる。
      その可能性を、自分自身以上に信じていることが、感じられます。
      なぜなら、マーク先生もその道を通ってきたから。



      iPhoneImage.png


      本質に出会うとき、
      「この鍵、渡しておくから好きなようにしてね」
      って言われてるように感じます。


      ムリに扉を開けさせることは、決してない。


      扉をあけるも
      あけないも
      自分次第

      この経験を、是非、よりよく生きる為に活用してください。

      鍵は、持っているだけでは、ただのアクセサリーですもんね。


      iPhoneImage.png


      《 余 談 》

      今回のワークショップ、わたなべの夫、祐介氏がいろいろと手伝ってくれていました。

      そして、「自分の心に気がつくパッケージに参加したい!」と、申し出てくれて参加を決めていました。

      それにプラスして!
      私がマーク先生のハタヨガクラスの魅力を知って欲しくて、
      【2】「気がつく意識」で土台と体が変わるにも参加もしてもらっていたのです。

      で、この
      【4】「ケガをしない 自宅メニューの作り方」
      のクラスは、もともとは受けるつもりじゃなかったんですよね。


      しかし!!

      クラスの風景写真を撮影をしながら話を聞いてるうちに、
      体を動かして試してみたくなったようで、マットを持ち出し、なんと急遽参加!

      横顔をちらりと見ると、すごく真剣で、すごく楽しんでいるのが伝わってくる。


      そう、学ぶことって、体験することって、楽しいんですよね。
      自分の体を使って、自分自身への理解を深めることって、楽しいんです。理屈じゃないなって、思う。


      ちなみに彼はその後、ほぼ毎朝、太陽礼拝の練習をしています。(もちろん、自らの行動!)
      本物に出会うって、こういうことなんだって、深く感じいる出来事でした。

      -----------------------------------

      さ、長くなってしまったので、やっぱり全4回でお届けすることにしますね。
      次回は、瞑想・哲学クラスについてです。

      | マーク先生のこと | 15:53 | comments(0) | - |
      ワークショップの様子【2】
      0
        2018/05/18 - /20に開催された、
        マーク・シュヴェイマWSのフォトリポートです。
        全3回(もしくは4回)にわけてお届けする、2回目。


        【1】人生の全ての基盤「気がつく意識」ってなにの様子は、こちらから↓
        ワークショップの様子【1】


        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        2日目から会場は、山田緑地・森の家。
        なんとか雨が降らずに持ちこたえてくれているような、ちょっとどんよりとした空模様。
        時折パラパラときますが、これから晴れてきそうな気配。
        しっとりした空気は、ソワソワする気持ちをしっとりと落ちつかせてくれます。

        お昼休みには晴れてくれますように!
        だって、外でお弁当たべたいもん。

        【2】「気がつく意識」で土台と体が変わる

        クラスのはじめは、このクラスの意図について確認するところから。
        マーク先生のアーサナクラスの魅力は、ココ。
        自分たちが、どんなことに向かっているのかをしっかり認識するところからはじまります。

        _DSF4514.jpg


        マーク先生から、マントラを受け取ります。

        _DSF4523.jpg


        このクラスで大切に扱うことは「流動的な関節の使い方」

        午後のクラスで行うバランスポーズの、基盤になるのはもちろん、
        体を動かすことによって生まれるケガを防ぐ扱い方でもあります。


        そう、ケガするのって、だいたい関節なのです。
        特にヨガで多いケガは首・手首・肩・足首・腰あとは、膝とか。
        いや、膝はもともと痛い人のほうが多いかも。
        「実はこの動きをすると、膝が痛むのです」っていうパターン。


        どうやったら、それを遠ざけることが出来るのでしょう。
        日常での可能性、解剖学的な理解、どんな意図をもって取り組むか。
        まずはそこを共有してから、実際に体験します。


        _DSF4528.jpg

        _DSF4538.jpg

        _DSF4540.jpg

        _DSF4541.jpg

        座ってる写真ばっかりやん!
        って思ったでしょ。
        なぜなら、撮影係もクラスに参加していたので、
        体を動かしはじめたら、撮影は一時ストップなんです。
        ごめんなさい。

        _DSF4546.jpg

        _DSF4551.jpg


        このワークショップのテーマ「気がつく意識」
        これをどこに向けるのか。
        繰り返し、繰り返し、何度も思い出させてくれる指示があります。


        短い時間の中でたくさんのことを経験して、達成感を得るようなクラスもたのしいですけど、
        こうしてひとつの事柄を、いろんな側面から経験して深めていくことこそ、
        ヨガの練習をしていると深く感じられて、私は好きです。

        難しく見えるポーズも、土台の扱い方が全て。
        ケガをすることで気づくこともありますが、
        やっぱりしないほうがいいよね。


        iPhoneImage.png
        みんなのおたのしみ、cicomiさんのお弁当!
        風は強く吹いていましたが、お外で食べるご飯は最高です。


        iPhoneImage.png

        ともさん、みのるさん、おいしいごはんをつくって届けてくださって、
        ありがとうございました。


        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        午後からは、ステップアップのこのクラス。


        【3】体を軽く支える秘訣 
        ーバランスの取り方と維持のプロセスー



        バランスって、得意不得意がぱっきりわかれる印象。
        柔軟ポーズをバンバンこなすような人でも、バランスになった途端不安な顔になったりする。


        私はバランスもともと得意だったんです。
        でも、マーク先生のバランスクラスを受けた時に

        「あーー、いままでのバランスって、ハリボテだったんだなぁ」

        って思ったことを、ものすごく強烈に覚えてる。

        体の使い方も新鮮だったし、なによりもそのポーズを終えた後!!

        体の芯からみなぎるような強さが感じられるのが、すごかった。
        目を背けることが出来ないほどの力が、自分の中心にあることに気づかされた。
        あ!ヨガのポーズって、体のためにあるんじゃないんだなって改めて感じた。
        こんな感覚は、他のクラスでは一度も感じたことがありませんでした。


        _DSF4558.jpg

        _DSF4560.jpg

        _DSF4563.jpg

        _DSF4575.jpg


        ハタヨガは、自分のパターンを変えていくことを支えるもの。
        思考を変えるための練習の入門。

        変わっていこうとする気持ちや、
        変わっていくための柔らかい部分がなければ、
        どんなに練習したっておなじこと。

        誰かに見せるための「まわり」ばっかりガチガチになっていませんか??


        _DSF4596.jpg

        _DSF4597.jpg

        _DSF4598.jpg


        みんなはこのクラスで、どんな気づきがあったのかなー


        _DSF4599.jpg

        _DSF4603.jpg

        _DSF4607.jpg


        シャバーサナ。

        _DSF4615.jpg

        _DSF4619.jpg

        _DSF4623.jpg

        静寂と、光。
        美しい光景。


        ------------------------------------------------


        山田緑地でのクラス、正直言うと「あちゃー」ってことありました。


        たとえば、隣の部屋で大騒ぎする幼稚園児の声。
        (↑元気でよろしい!)
        4時半になる、「そろそろ帰ってね」の放送。
        (↑しかもこれが結構長い)
        ゆっくり2回くりかえされる、お財布の落とし物の案内放送。
        (↑大事なことです)
        17時閉園に向けて、バタバタの撤収など。

        でも、大事なのは、自分が今、何に集中を向けるのかってこと。
        自分が今、何の為に時間やエネルギーを使っているのかってこと。

        前日の座学で聞いた話が、すぐに活かせる状況だなーって思いました。

        会場を準備した私としては、ホントのトコロ「うわちゃー、これは困った」って感じたんです。何度も。
        でも、そのたびに、一歩さがって、見る。
        これを、実行する。

        そして、集まってくれたみなさんのことを、信頼するのです。


        人のせいに、
        環境のせいにしない生き方は、
        きっと、力強いです。

        あらためて、学ばせてもらいました。

        【3】へつづく
        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


        STUDIO BiNDU(マーク先生と絵里さんのスタジオ)http://studiobindujp.com/

        お弁当以外の写真:渡邉祐介
        | マーク先生のこと | 12:58 | comments(0) | - |
        | 1/87PAGES | >>